カードローンを利用する際に気になるのが在籍確認です。その人が本当に書類に書いた会社に勤めているのかを確かめるために電話をかけてくるのですが、その電話で周囲の人に知られてしまうのではないかと心配になります。ただし基本的には会社名で電話をかけてくることはなく、個人名でかけてくることがほとんどですので、個人的な知り合いから連絡が来たという程度にしかとられないはずです。それでも心配な場合には、あらかじめ何日のどの時間帯に電話がかかってくるのかを確認しておき、その時には会社に居るようにして自分で電話を受けるという方法もあります。自分で受ければ周囲の人に知られるリスクはかなり減りますので、不安な思いをすることなくカードローンの審査を通過できます。

会社に電話がかかってくること自体がNGだという人も中にはいますが、その場合は事情を説明して他の書類を追加で出すことで了承してもらえるケースもあります。在籍確認の代わりになる書類は通常は1種類ではなく複数種類が求められます。会社で発行されている在籍証明書や給与明細等を提出する代わりに電話での在籍確認をしなくても審査してくれるところがありますので、利用を検討している金融会社に相談してみると良いでしょう。在籍確認を避けたい場合、他にも既に口座が開設されているところで借入を行うという方法もあります。既に口座があるということはどのような人なのかを把握していますので、在籍確認をせずにカードローンが組めます。この方法の良いところは、カードローンを利用することが決まったらスピーディーに手続きが進む点です。その日のうちにお金が入ることも多いので、急いでいる時に便利な方法です。一般的にはカードローンを利用する際には在籍確認は避けては通れない道ですので、正直に申告することをお勧めします。記載しあた内容に偽りがあると信用できない人物として審査が通らなくなってしまいます。